企業理念

従業員全員がお互いに切磋琢磨し個を磨き、個が組織貢献するためにお互いを尊敬尊重し、ともにものづくりを通して、顧客、地域、社会に広く貢献することを共通の価値とします。
この理念は、経営を従業員により引き継ぐことにより永続的に伝えていくものとし、

○ スピードある行動で  < 早いことは良いこと >            
○ 何事にもチャレンジし < 失敗も勲章 >
○ フレキシブルな対応で < 固定概念の打破 >

ものづくりをする企業グループを実現し、お客様・地域社会への貢献と、働く仲間の生きがい向上をめざします。


社長メッセージ

社長

 

多摩エレクトロニクスホールディングスは、設立以来約40年間、東京は多摩地域で半導体のASSYの受託加工を中心に事業を継続してまいりました。

我々のキー技術であるダイシング加工技術をベースに、2000年代に入り光学部品の受託加工にチャレンジし、エレクトロニクスからオプトデバイスまでを手掛ける部品加工受託メーカーへと変遷を遂げ ました。

2014年からは自社商品として、世界最薄のIRカットフィルターの開発にも成功いたしました。また、2016年には角度依存の少ない2BANDのIRカットフィルターの製品化も行いました。受託加工のみならず自社商品をも持つエレクトロニクス&光学部品のメーカーとして事業拡大を続けております。

これまでもスピードをもって新規事業領域にチャレンジする姿勢や、お客様のご要求にフレキシブルに対応する経営姿勢にご支持をいただき 、今日に至っています。

このほど事業の拡大に伴い、各々の事業領域でのお客様へのサービスや事業判断のスピード向上を目的に、2016年10月に派遣・請負事業を独立させ株式会社TME Futureを、2017年4月に高尾請負事業を独立させ多摩エレネクスト株式会社を、また、2017年10月に自社商品、受託加工、装置組立などの事業を独立させ多摩エレクトロニクスを、それぞれ分社により設立し多摩エレクトロニクスグループとしての事業再編を行いました。

今後とも、多摩エレクトロニクスグループ各社、社員一同で全てのお客様のご満足を得る事に重点に置き、事業運営をはかってまいります。

ますますのご愛顧をよろしくお願い申し上げます。


多摩エレクトロニクスホールディングス株式会社
代表取締役社長 坪根 衡